【新学期準備】アイロン接着名札の張り替え方法

松本市のソーイングコンサルタント、
RaspberryGirl®(ラズベリーガール)オーナーの田川恵理子です。

新学期準備、進んでいますか?
小学校や中学の運動着の名札付け、けっこう面倒ですよね。
進級やクラス替えなどで、マジックで書いてある名札、消すことができない
ですが、上から書き換えるのもちょっと抵抗があるものです。

思い切って付け替えるのが一番!

アイロン接着名札をはがして新しい名札に。

簡単に付け替えることができるので、今日はその方法を♪
とっても簡単ですよ!

1、スチームアイロンで名札をあたためます

高温にあたためたアイロンで、スチームを4~5回シュッシュ!と名札に
吹きかけます。名札からアイロンを15㎝ほど離して当ててくださいね。

スチームアイロンをお持ちでない方は、ドライヤーで代用できますよ。

2、素早く名札をはがします

名札があたたかいうちに、さっとはがしてくださいね。

はがれにくいときは、もう一度スチームをしてからはがしてください。
さっとはがれるはずです。無理してはがしてしまうと、運動着の生地が伸びて
しまうので注意してくださいね。

きれいにはがすとこんな感じです。

3、名札の位置にきれいに重なるように新しい名札を貼ります

名札をアイロン接着するときは、必ずあて布をしてください。
スチームをきかせながら、名札の四隅を丁寧に張るとはがれにくいですよ。

運動着は化学繊維なので、熱にとても弱いです。
アイロンの跡がくっきり残ってしまいます(笑)

縫い付けタイプもあるんですね~~~

運動着に縫い付けてみました♪

縫い付けタイプに挑戦してみました♪

ミシンで縫うことを前提に。

1、名札をつけたい位置に待ち針でとめます

待ち針でとめた段階で、左右、上下の転んでいないかを確認しましょう。
名札が曲がっていないことを確認したら、運動着をひっくり返します。

襟ぐりから覗き込むように縫うと簡単♪

進級やお下がりにすることを前提に、取り外しがしやすいようにするためには、
ミシン目を少し長めに設定することをおススメします。

4~5mmほどでいいと思います。

ぐるっと一周、ミシンで縫い付け、最後は返し縫を忘れずに。

どちらもメリットとデメリットあり

アイロン接着の名札

◆メリット
簡単に付けることができる

◆デメリット
お洗濯ではがれる可能性がある
はがしたときに跡がついてしまう

縫い付けタイプの名札

◆メリット
はがれない
付け替えの際に跡がつかない

◆デメリット
ミシンの出し入れが面倒、縫う手間がかかる

今回、サイズアップした長女の運動着に、「縫い付けタイプ」の名札を
付けてみました。ミシンで縫いましたが、糸が切れないか、など心配な点は
あります。またレポします。

でも・・・
アイロン接着の名札は、はがした跡が新しい名札できれいに隠れることが発覚。
アイロン接着はやっぱり簡単で楽チン♪です。

ボトムスにはアイロン接着の名札しか使えないので、
(ミシンで縫うと、ポケットを縫ってしまい、ハンカチが入らない 笑)
いずれにしても、アイロン接着は便利。不可欠ですね。