夏の子ども服!今夏は「すいか」と「レモン」で元気いっぱい!

松本市のソーイングコンサルタント、
RaspberryGirl®(ラズベリーガール)オーナー講師の田川恵理子です。

今年のRaspberryGirl®夏のおすすめお洋服は「すいか」と「レモン」!

梅雨入りしましたね。

梅雨が明けると、ギラギラの夏がすぐそこまで迫ってきていますよ!
私は四季の中で夏が一番好きなんです。具体的な理由を聞かれると困ってしまうのですが、「エネルギーに満ち溢れる季節」と言えばいいでしょうか、寒いのが苦手である、ということもあるのですが、ワンピース一着でざばっと着られる季節であったり、大好きな麦わら帽子をかぶれる季節であったり。

そんなところでしょうか。

夏はフルーツ柄がすごく素敵に着られる季節であると思います。
子ども服のフルーツ柄!最高にかわいいですよね!

今年は、すいかとレモンをチョイス。あまりのかわいさに、この腰の重い私が早々にワンピースに仕立ててみました(笑)

オンラインショップでは、先行にてワンピースの販売を開始しております!
詳細は、上記の「レモン派? すいか派?」の画像をクリックしてくださいね。

すいかはフルーツじゃないよ!っていうつっこみを頂戴しそうですが、優しい目で見守ってください(笑)

レッスンで夏のお洋服を仕立てよう!

サマードレス レモンアイランド 
ドレスラズベリー すいかパラダイス

仕立てられるメリットは、生地から自由にデザインを選べることです。
早々に生徒さまよりお問い合わせをいただいております。

みなさま、各々に仕立てたいお洋服が異なり、そのお話を伺えることが幸せです。

あぁ、なるほど、同じ生地からたくさんのバリエーションが生まれる。
その思いは、大切なお子さまやお孫さまへの愛情であり、

「早く着せてあげたい!」思いがひしひしと伝わります。
コロナ禍が懸念される中で、レッスン再開も順調とは程遠いですが、ペースを抑えながらも、徐々にですが快方へ向かうことを願っております。

新型コロナウイルスの影響から考えること

対面式の少人数制レッスンを、これまでのRaspberryGirl®洋裁教室のメインサービスとしてご提供しておりました。

人と人がふれあい、共通の楽しみを共有できる、私にとってはとてもありがたい体制でした。何よりも生徒さまが足を運んでくださることが、本当にうれしかったのです。

しかし、このコロナ禍の状況は、今後も長引いていくと考えられます。
まだ油断ができない状況です。終息を迎えたとしても、その時は今までと全く違った状況や価値観を要求されることと思います。

私自身もこれまでの在り方とはスタイル変えなければならないと強く感じております。対面が許されない状況で、教室を再開しながらも、自身の在り方を見つめなおす時期であると考えます。

洋裁を仕事にしたい思いから、養成講座へのご要望をたくさんいただいておりますが、今後は開講をしない旨ご報告をさせていただきます。ご希望に添えず大変申し訳なく思っております。

レッスンにつきましても、しばらくは週に2回ほどのペースで開講します。
これまでのように、1day開講、毎日のようにコース別での開講は控えたく思います。それに引き替えて、オンラインでのご提供が叶えばと考えます。

長くなりましたが、こちらのブログは細々と更新を行っていきます。
楽しみにお立ち寄りくださいましたら、本望です。