冬生地が続々とアトリエに集合!あったかアイテムで冬支度開始。

松本市のソーイングコンサルタント、
RaspberryGirl®(ラズベリーガール)オーナー講師の田川恵理子です。

ものすご~く久しぶりの更新となってしまいました。
みなさまにお伝えしたいことがあればあるほど、私の手がパソコンから遠のく・・・という悪循環から抜け出したい(笑)

ここ1か月で様々なことが、歯車がかみ合い動き出しているような感じなのですが、なにごとも「タイミングは大事」であることを痛感させられます。

チャンスは掴み、タイミングよければその波にも乗ってみる。
そんなスタンスでどんなことにもチャレンジをしてきたわけですが、
そろそろ大きな決断を迫られ、大きなチャンスを与えていただきましたので
決断しようと思っています。詳しくはまた近日。

リバティコーデュロイがいっぱい!

つい先日まで夏物を縫っていたのですが、このところは朝晩すっかり冷え込むようになってきました。生徒さまみなさま、冬物を仕立てられています。

画像は2019秋冬リバティコーデュロイ「リンリー」という柄です。
リバティは生地にすべてネーミングがなされており、年齢とともに柄の名前を覚えられなくなってきているオーナーです(汗)

こ~んなゴージャスなファーも届いています。

毛足が長めのスーパーフォックスです。これから素敵なボレロに仕立てられる予定です。ファーの縫製もとても勉強になります。毛足を縫わないように縫う方法は、さほど難しくありませんので、これからティペットや帽子など、多くの冬小物をぜひ、仕立てていただきたいと思います。

今回、RaspberryGirl®アトリエでの一番人気は、2019の秋冬リバティコーデュロイ「ミニフリーズ」です。やっぱり画像と実物では違います。購入して手元に届いてみないと、生地の全貌がわかりません。

「う~~~ん。。。」と思うものもアリ(汗)

ミニフリーズは、試しに50㎝のみ購入してみたのですが、これが画像で観るよりもかわいかったんですよ。
現物がアトリエにあると、生徒さまもご覧くださり、「欲しいです~」となるわけです。ピンクは特に人気で、ジャンバースカートやコート、レディースワンピースなど、様々なお洋服に仕立てられ、同じ生地でも作り手により全く異なる洋服に生まれ変わります。毎回そんな楽しみを味わいながら、レッスンを開講しています。

仕立て途中の身頃は、むすめたちへ新しいワンピースを仕立てています。
なにせ、50㎝しか購入していなかったので、下のスカート部分は追加購入です。明るくポップなカラーで、すぐにワンピースに仕立てよう!と思いました。
さて、スカートはいつ付くのでしょうか。

久しぶりの更新でしたので、アトリエの近況報告を、生地をご覧いただきながら・・・でしたが、実はみなさまにお話ししたいことは山のようにあるんです。

書かないと伝わらないので、書きたいのは山々なのです。

が、
書いている時間がないんです。本当に時間がない。ずっとこんなことを書いていて、成長してないなぁ、と思うわけですが、そんな私も牛歩のペースですが成長しております。

え?何々??と聞いてくださる優しい読者のみなさま、次回の記事をご期待ください。