夏休みの鬼ソーイングday1~レモン柄ショルダーバッグ~

松本市のソーイングコンサルタント、
RaspberryGirl®(ラズベリーガール)オーナーの田川恵理子です。

台風の影響で、久しぶりに涼しい夜です。

長らくブログ更新をお休みさせていただきました。

ご覧の通りで、サイトをきれいにリニューアルしました。
起業してから、長らくずっとずっと・・・悩んできたサイトのあり方
について、今まで公式サイトを運営していながら、こんなこと言ってはいけないですが、何をどうしたらいいのか、ずっと迷い道を歩いていました。

そんな迷いを、ぜ~~んぶまとめてどんと来い!!
と、受け止めてくださる方々と巡り会うことができました。

おかげさまで、みなさまにご覧いただきやすいサイトに
生まれ変わりました。まだまだ改善が必要な点は
ありますが、徐々に。

今までの小さなことの積み重ねが、やっと巡り巡ってたどり着いた、
そんな感じです。動き続けることは大切、そして、思いを伝えることも
さらに大切である、そんなことを学んだここ数日です。

鬼ソーイングのはじまりはじまり・・・

私がミシンをまともに踏んだのは、記憶が確かなら、
春の入園入学グッズのオーダー制作以来ではないでしょうか・・・

おい!ミシン踏んでないのに、なんで教えてるんだよ!
勉強しろよ!!と思われた方、はい、その通りです。

時間に追われて、とか、時間がないとか、そんなことをいつまで
言えば気が済むんだよ;と自分で思いました。

好きで好きで仕方がないソーイングの時間。
私自身の手が止まっていては、本末転倒です。

お盆中で、アトリエはお休みをいただいておりますが、
仕立ての仕事がたんまり。そして、秋のお洋服や、9月の小学校バザー
の準備など、ミシンに座らざるを得ない環境。

ずっと楽しみにしていたお盆休みは、思う存分ミシンを踏ませて
いただきます♪名付けて

鬼ソーイングタイム!!!(笑)

言ってみたかっただけです。許してください(笑)
まずは、ずっと制作途中になってしまっていた、ショルダーバッグ。

やっと完成しました♪


長女から「レモン柄のお洋服が欲しい。」とリクエストをされるも、
かわいいレモン柄の生地がなかなか見つからなくて。

かわいいレモン柄の帆布

は、見つかったものの、帆布(かばんを作る生地です;)で洋服は
作れないよ?という話になり。

でも、あまりにもかわいくて。(画像の生地です)
私も気に入ってしまい(笑)購入から裁断、縫製まではスピーディーに
運んだものの・・・あと一歩のところで長らく中断していました。


「一緒に作りながら教える」は、かなり効果的!

実物を作るための縫製を、そばで見ていただく機会というのは、
ほぼないんですよね。私がレッスン中にミシンを踏むことはほとんど
ありません。

今回、長女に教えるにあたって、実物の縫製を見て、実践、次の縫製工程を見て、実践、を繰り返し行いました。

それがとてもわかりやすかったようで、ショルダーバッグの製作は難しいかな?
という思いがありながらも、小3のむすめが自力で仕立てを完了することが
できました。


ショルダーバッグの難所は、
移動カン付きの肩ひもをつける

ことではないか、と思います。
これも、見本があったからこそ、かなりわかりやすかったと思いました。

見本は次女のバッグです(笑)

小学校低学年の子どもに、ミシンは難しいかな、と思い込んでいました。
「一緒に縫う」ことで、実際に縫い方をみてもらうことで、その難点が
クリアできるかな、と思い始めています。

楽しい鬼ソーイングdayは始まったばかり。
「一緒に縫う」ことで、小3のむすめはどこまで何ができるのか。
挑戦してみました。続きはまた後日。