令和の中にも昭和。新時代も古き良きものは愛される!

松本市のソーイングコンサルタント、
RaspberryGirl®(ラズベリーガール)オーナーの田川恵理子です。

新学期が始まりました。

次女は1年生になりました♪
とても小さなカラダです。

運動着は特注になりました(笑)
市場で売られている一番小さなサイズは120サイズです。

テヅカさんで採寸をお願いしましたところ、
次女の運動着のサイズは100サイズでした(笑)

普段は作り手である私です。
120サイズの運動着を解体して、小さく仕立て直そうと
考えていました。

とてもじゃないけど・・・
年度末のこの時期に、その作業すらできる時間が
とれませんでした。

作っていただけることのありがたさを改めて実感しました。

小さくてかわいすぎる、小学校の運動着を用意。
大きすぎるランドセルを背に、新生活の第一歩を踏み出しました。

教科書を入れたら、本当にひっくり返りました・・・

笑い話ではなく、本当に背負えないのです。
笑ってますけどね(笑)

次女の卒園式と、入学式のために仕立てた
ドレスラズベリーとボレロのセットアップです。

総レース生地、総裏付きと、なんとも贅沢な、いえいえ、
豪華なフォーマルに。

2年前の長女のセットアップも、ネイビーと生成り、赤い靴の
組み合わせでした。この配色が好きだなぁ。。。

そして、どことなく昭和っぽい。
もう新しい時代、令和がすぐそこまで来ているのですが、
古き良きシンプルなデザインが長年愛される傾向は、
新時代も変わらないのだと確信しています。

流行りのシフォン生地のふわっふわのかわいいスカート
のフォーマルバージョン、着ている女の子が多かったです。

A●B48のような、トップスがブレザー、スカートが
チェックバージョンもちらほら。

平成最後の入学式ですからね!

どれもかわいらしくて素敵でしたが、
私は、このなんとも昭和っぽい感じから
脱出できずにおります(笑)

アップスタイルで臨んだ卒園式でしたが、
気持ち新たにボブカットに♪(これもなんだか昭和っぽい?)

おだんごに巻いた太いレースリボンは、
ボレロとお揃いの生地に。

入学式にはカチューシャにアレンジしました。
とっても簡単です!

お洋服とお揃い生地のカチューシャ欲しいです~~!

という方、いらっしゃいましたら、お声かけくださいね。
レッスンで作りましょう。