「作りたいもの」を体験レッスンで作ることはできますか?

田川 恵理子です。

先週の体験レッスン、2名の新しい生徒さまがいらしてくださいました。

毎回、初めての方にお会いするのはちょっとした緊張と、ドキドキと、
そして、なによりものすごく楽しみな私です。

それぞれ、サルエルパンツとレッスンバッグの体験レッスンを受講いただきました。
数少ないレッスンバッグの体験レッスン・・・やはりお洋服が絶大の人気です。

まっすぐ縫うことの難しさ、「まっすぐ縫うだけ」では決してないことを
実感いただけたかな、と思います。一生懸命受講くださいました。

サルエルは、愛用しているデニムニット、今回は男の子の100サイズを
ピンクで。普段からミシンをなさるとのことで、ご質問からその様子を
伺うことができました。

ヒッコリーの柄を表に。(表裏使用できるんですよ)

慎重派のお二方、じっくりミシンを踏んで完成しました。

*************************************************

体験レッスンは、生徒さま同士も初顔合わせ、私がお会いするのも
この日が初対面になります。

「体験レッスン」には、いろんな意味を込めています。

どんな場所で、
どんなレッスンを、
どんな人(講師)に教えてもらえるのか?

雰囲気は?
作れるお洋服、成果物はどんなもの??

たくさんの不安や疑問があると思うんです。

みなさんと同じで、私自身も毎回初めての生徒さまをお迎えし、毎回レッスンを
開講させていただくわけですが、毎回違ったレッスンになるんですよね。

楽しいことには変わりなく、どんな話題が出て、どんな洋裁の質問が出てくるか。
時にはどっと笑いが湧くことがあったり(笑)

私自身も毎回が「初めて」の体験になります。
みなさんの洋裁に対する思いや、お子さまへの思い、そして、うまくいかなかった
縫製の経験や、これを作りたい!と思うものへのあこがれ。

それがすべて「体験レッスン」で消化できれば私自身もものすごく満足なのですが、

生徒さまが何を望んでアトリエにいらしてくださっているのか、
どこをゴールに、目的としているのかを、

1回のレッスンで汲み取るところで精いっぱいです。

そのすべての窓口となっているのが「体験レッスン」です。

作りたいもの(体験レッスンメニュー以外の成果物)が体験レッスンで作れないのですか?

というお問い合わせをいただく機会がとても多くなってきました。
とてもうれしいです。洋裁に興味があり、作りたい!という思いをお伝えいただけることが
すごくうれしい、ただ、

人により、洋裁の経験も、ミシンの使用頻度も、お子さまの年齢も性別も異なり、
また既婚の方も、独身の方もいらっしゃいます。

すべての需要に応えたいですが、体験レッスンでその需要が何かをお知らせいただく、
そんなニュアンスでお気軽にまず一度いらしていただけるととてもありがたく思います。

作りたいもの、それが本当に2時間半で完成するのか。
9割、難しいケースが多いです。

ものは意外と簡単には完成しないものです。
だからこそ、できたときには達成感を感じられるわけですよね。

作りたいと思っていらっしゃるものは、意外とデザイン性が高いお洋服であったり、
大物であることが多いです。

だからこそ、作ってみたいと思うものです。

それを縫製することの要領として、どのくらいの時間がかかるのか、
というところを想像で把握することは難しいことなんですよね。

1レッスン2時間半、丸々縫製を行うわけではありません。
せっかくいらしてくださるのですから、お茶をいただきながらのお話タイムもあります♪

作りたい成果物を作るためのプロセスとして、いくつか縫製物を作っていただく
場合も時にあります。

長くなってしまうので、明日続きを書きたいと思いますが、

生徒さまの必要のないものをレッスンの成果物として課題にすることは
絶対にございません。

断言します。
それがなぜなら。そこにはRaspberryGirlが一番大切にしている思いがあるからです。